2018年12月30日

第6章 40だいからの「美容」は自分へのご褒美

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!




人は年々使うアイテムが変わり、年々高価なものへと変わります。



自然な流れです。



コスパは大事ではありますが、ある程度コストをかけて自分に最良のアイテムを選ぶのことは、無視できません。



髪・肌共に最大の低下は「潤い」です。







髪は年々潤いを無くし、パサツキやキシミを生み、切れ毛や枝毛を発生させて、ツヤの無い髪質に。



また、潤いが部分部分でばらつき、ウネリ・ハネといった広がりを出します。








肌は年々潤いを無くし、ターンオーバーも遅れ、未熟な皮膚を表面に送り出し、シワやクスミを生み、潤いが無い分肌のバリア機能も弱く、外的刺激に対抗できなくなっていきます。








つまり、髪・肌共に内側から潤いを作り出す力にかけるわけです。



髪の対策としては…

①髪の基礎となるシャンプー・コンディショナーを厳選する

②お風呂上がりに流さないトリートメントや、一定期間おきに行うヘアパックを忘れない

③あなたのマイナス点が出にくい長さのヘアスタイルにする

④潤いの低下してきた髪へ、熱源(アイロン・コテ・ホットカーラー)をなるべく使わない

⑤ホームカラーはなるべくしない(薬剤の塗り分けが自身ではできないため、度々毛先まで塗布するとダメージを加速させるため)









肌の対策としては…

①基礎化粧品のコストカットはなるべくしない

②毎朝行えるタイプのピーリングの使用(夕方からは、肌に1日のストレスが溜まっているため朝がベスト。これで、メイク前の素肌がワントーンほどあかるくなります)

③メイク用品は厳選し、特に40代からは目元・口元・輪郭を意識したメイクを!!

④美容サプリも良いですが、できれば添加物の少ない食生活や規則正しいリズムの1日をおくる

⑤一過性の話題アイテムはお試し程度に結果を見て、なるべくなら公に認められている美容法を取り入れる








と言うように、コストカットは避け、アイテムは厳選し、長く続けること。



また、長く続ける中でマンネリ化しないために、「気づき」を大切にし、情報のインプット・アウトプットを面倒くさがらず行う。



石垣職人の様に、石の表情を観て、崩れる度に何度となく組み直していく。これにより強固なアート性のある素晴らしい作品を作る様に、コツコツ取り組むことが大切です。








人は「自分の事でも」飽きるし、忘れるし、怠りやすい生き物です。



ですが、人は赤子から誰に学ぶでもなく、見て学ぶ、聞いて学ぶがもともと備わっています。








年を重ね、素直さがなくなり、恐怖が増すため、なかなか学べないものです。



人は小さい時は2つの恐怖しか知りません。



高いところへの恐怖
大きな音への恐怖



それが、色々と学ぶ中で別側面を知り、勝手に恐怖が増幅するものです。



しかし、応用ができるのも人のみです。



やるも、やらないも容易い。心意気次第ですから。



40代からの「美容」は、退屈で仕方なしにではなく、もう一花咲かせ続けるための自分へのご褒美と心して下さい(^-^)










『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/
  

2018年12月29日

第5章 40代からの「魅力」とは?

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!



「若い時より魅力はない」
「若さこそが魅力」



そんな風に思っている方は、非常に多いものです。



はたして、それだけでしょうか?



答えはNOです!



「ただ何となく生きてきた」とおっしゃる方も少なくないものです。



しかし、そのただ何となくの中にも数多くの経験があると思います。








年齢と共に多くを学び、艱難を切り抜けてきたハズです。



つまり、年齢を重ねる事は、自然に「博学化」してきたと言っても過言ではありません。



1日1日を繰り返し、1年経ち、1年1年を経て、10年があり、10年ひと昔で、40年が過ぎ去り、立派な大人になるものです。



この二十歳の大人とは一味違う大人こそ、経験値の高さと言えます。








この人生経験値は、ゲームの様に24時間徹夜して、明日には100LVとはいきません。



波風が長い時をかけて岩肌を侵食する様に、ゆっくりゆっくり進みます。









その中で、イレギュラーやトラブル、立ち止まったり振り返ったり、この先を暗示したりと、更なる要素を加わえ、あなたにしか味わえない人生となります。



40代ともなれば皆、万難を排して今日まで漕ぎ着けてこられたでしょうし、何もせず今日に至る人もいません。



苦労をしていない人がいない様に、そうなのです。



そして、あなたにしか無い経験値を体外に出し、自己表現できるのが外見です。



人は初対面の場合、外見で判断します。それも数秒で9割と恐ろしいものです。



ニコニコしている好感のある人と、仏頂面でコワモテの人では天地の差となります。



この一瞬9割で決まるあなたの評価も、内面が外へ出ることで作られていきます。



人を見た目で決めてはいけませんが、実際、影響力はとても大きいものです。



あなたの良き経験値を外へ出して、表面化していくことは、演技ではなく心からの価値(魅力)と言えるのです。







40代からの「魅力」とは?

①経験値を外へ出すやり方を知ること
②何気ない1日でもテーマを持つこと
③長い呼吸を持ち、ガチャガチャしないこと
④若さにはない、生きた博学を大いに使うこと
⑤同世代にもない、あなたの魅力が何か?考えてみること



と言えます(^-^)



『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/  

2018年12月28日

第4章 40代からの「自分磨き」とは?

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!



男性では30代より、女性では40代から、自身の様々な低下が出始めることが、科学的にも明らかにされてきました。



女性は年齢や経験を重ね、これを「自分磨き」のスタートと考えている方は多いものです。



趣味や習い事も立派な自分磨きと言えますが、美容に関して言えば、何をどう自分のウリにしていくか?が自分磨きと言えます。








例えば…

「ただ痩せる」のではなく、「痩せることで何が得られるか?」

「ただ髪を切る」のではなく、「髪を切ることで何が変わるか?」

「ただ歩く」のではなく、「歩くことで何を手に入れられるか?」

「ただこの化粧品を使う」のではく、「この化粧品を使うことで何をもたらしてくれるか?」



と言った、先の深い目的意識が大切です。



そして、学び取り入れる心構えが必要です。



時は進み…
「新たに」
「今までと異なる」
「基本が重要とされる」
「再び脚光をあびる」
「海外の文化」
「ありそうでなかった」



などのワードを元に、次々に生み出されるアイテムや事柄を少しかじってみることで、体系化していくことが一つのスタートです。









学び取り入れる中で、今の自分に最適な事が必ずあるはずです。



そして、続けていく事柄と単発的に一定期間行う事柄を決めて取り組むとより効果的な自分磨きとなります。



続けていく事柄とは?
普遍的で時間はかかっても必ず結果の出る事



一定期間行う事柄とは?
今使っているアイテムを定期的に入れ替えていく事



などが言えます。



一つずつ試すには、時間と労力がいります。いくつかを組み合わせて、同時進行して、バランスよく行うとより効率的です。



大切なのは、自分磨きを習慣化していける内容のものを行うことにあります。







40代からの「自分磨き」とは?

①興味を持って学び、取り組める内容のものを選ぶ事
②長期的な事と、短期的な事をバランス良く行う事
③先の深い目的意識を持つ事
④まずは、かじってみて体系化する事
⑤女性は、一生美学を求める心を忘れない事



と言えます(^-^)




『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 周城

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/
  

2018年12月27日

第3章 40代からの「ヘアスタイルの方向性」とは?

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!


髪型、いわゆるヘアスタイルは世代別に異なる方向性を含みます。



実際には、
10代では「形や自分のこだわり」
20代では「流行やなりたい理想」
30代では「スタイリング時短や利便性、こなれ感」
40代からは「若見えと不具合解消」



と言う、大衆性から「個」に向いていきます。








難しいかもしれませんが、この「個」を「静」と「動」に分ければ‥



消極的・変化無し・カナリ無難・同世代の真似



積極的・変化を好む・個性の尊重・若い世代の取り入れ


となります。



つまり、方向性として「自分らしさの追求」が求められてきます。




他にはないあなたらしい一面や、あなたにしかない実証が40代からのヘアスタイルの方向性と言えます。




特に重要視したいのは、「試してみる」点です。




年齢を重ねると、なかなか冒険はし難いものです。




だからと言って、マンネリ化や誤魔化し、変な執着や無理なこだわりはかえってNGです。



あなたの変化(退化)は確実です。



例外は皆ないのです。



「試みる」ことは、気づきから始まります。



隠すことから始めればいづれ自分がわからなくなります。








「トップが浮きにくくになってきた」
「縛ると生え際の白髪が目立つようになってきた」
「今までのミディアムスタイルではパサつきが際立つようになってきた」
「ウネリが全体的に強くなってきた」


このような形が、「気づき」です。



気づいてはそこに触れ、触れては体感してみる。体感しては良し悪しを決める。



この地味な繰り返しこそが、「40代からのヘアスタイルの方向性」です(^-^)



『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/



  

2018年12月26日

第2章 40代からの「ヘアスタイルでNGなこと」とは?

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!




40代では様々な変化が起こります。髪も同じです。今までと同じ手立てでは、通用しなくなり、別の手法が必要となります。



しかし、多くはこの「別の手法がそもそも間違った方向を向いている」事が多いのです。



では、どういった点が間違った方向で、40代からのヘアスタイルでNGなことなのでしょうか?



その1 若見えのズレ






一昔前の40代以上と今の40代以上では、若々しさが全く異なります。一言に美容法の進化・普及と言えるでしょう。



ファッションバランスの定義、ヘアスタイルの形、化粧品の着眼点、全てが進化し、同時にスマホをはじめとする情報収集機器の発展により、より高度に進化しています。



しかし、この若見えを「若い子と同じ様に」と一辺倒で進むことは、少々マズイ点です。



例えば、ヘアスタイルは20代の子と同じ。でも実際は無理が生じます。



20代の子の様な、ツヤは出にくいものです

20代の子の様に、ダメージ毛をカバーできる若々しさは少ないものです

20代の子の様に、ヘアスタイルのマイナス点を、肌のハリや体型といった更なるプラス要素で帳消しには出来ないものです



40代のからの若見えとして、流行は流行で取り入れる。しかし、今のあなたにしか出来ない大人なトレンドを組み込む。



そんな一手が大切です。



その2 白髪と向き合わない






40代に入れば白髪も自然に多くなり、ヘアカラーのやり方や目的も変わります。


通常のヘアカラーと違いグレーカラー(白髪染め)は白髪をしっかり染める事が目的です。当然、今までの様な明るい髪色は難しくなります。



ここでNGなのは、明るいカラーを無理にしていく事です。「若く見えやすいから」…。



はたして、そうでしょうか?



白髪の出現と共に、ツヤの低下はリアルになります。明るいカラーは視覚上ツヤを無くしやすいです。若い方と同じ明るいカラーでも、40代からは、よりパサツキ、ダメージが出やすいものです。



後ろから見れば20代。前から見れば40代以上…



よくある話です。



ならば、控えめな明るさにし、ツヤを重視し、大人な上品をプラスする方が先決です。



その3 力技で対応してしまう事






40代からは、髪質に様々なマイナスがやってきます。



中でも、水分油分の低下は大きく、この水分油分の低下が元でウネリやハネが出やすくなり、コンディションを乱します。



そこで、最初に行いがちな事として、強く引っ張ってブローしたり、強い熱(ヘアアイロン・コテ)で伸ばすこと。



この力技を繰り返してしまうと、負のスパイラルとなります。



40代からの髪は繊細です。この力技は一時的な効果に終わるばかりでなく、その後の髪のコンディションをより一層悪くします。



ウネリやハネの大きな要因は、「乾燥」からくるものと、少しずつ低下していく水分油分によるものが多いものです。



正しい「保湿」ケアを髪に行い、ウネリやハネを軽減しやすいヘアスタイルを選び、誤魔化さないスタイル作りが大切です。



その4 情報を上手く取り入れられない






現在、スマホを代表としたアイテムにより、今まで以上に情報量は増え、様々なヘアに関する情報を手に入れやすい時代になりました。



中でも、ヘアに関する「口コミ」「ランキング」「美容法」は掲載量も多く、知る機会が増える反面、その情報の質や信憑性が危険視されることも少なくないものです。



「皆が買っているから」「人気だから」「〇〇さんもやっているから」といった事柄です。



多くは一過性の内容が多く、時が過ぎれば過去のものとなります。



結果的に、自分に合っていなかったり、続かなかったり、状況をより悪くしたりします。


大切な事は、自分が知った情報を美容師さんに聴いてみたり、美容師さんの情報を元に調べてみる事です。



「餅は餅屋」ではありませんが、その道の人の情報が有効な事が多く、対面で得られる情報はよりリアルなものです。



5年、10年経ってもブレない事柄を中心軸に、情報を上手くプラス要素として取り入れることがポイントです。




40代からの「ヘアスタイルでNGなこと」をしないためには?






①「変化と対応を考える事」
②「見つめ直すことと取り組むべき事」
③「誤魔化さないことと地道なヘアケアの大切さを忘れない事」
④「自分軸と他人軸の選別とリサーチ」


と言えましょう(^-^)




『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/
  

2018年12月25日

第1章 40代からの「ヘアスタイルで心がけたいこと」とは?

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!





40代は様々な変化が起きるスタートラインとなります。



特に外見の変化は大きく、自身で観て気づくことや、同じ世代の方を見て思うことも多くなります。



外見の中でも髪(ヘアスタイル)は、女性にとって大切なアイテムの一つです。



その髪の見ためで、「どんな人だろう?きっとこんな感じな方だろう。」とイメージまで人に強く与えるほどです。



また、ヘアスタイルチェンジでガラリと印象を変え、好感を持たれたり、人との広がりのきっかけとなったりと、味方にできれば大きく人生すら変えるあなたの魅力となります。







そして、この髪も20代では「流行や形」に重きが置かれる傾向があり、30代では「自分が好きなバランス」にひかれていく志向が高いものとなります。



40代からは、その「自分が好きなバランス」と「自分自身のマイナス変化」との狭間で揺れ動く世代へと入ります。



とても物事が複雑な時となります。



「自分でも気づいているのに見たくない老化や事実」「心は30代からそんなに変わっていないのに、体は様々なマイナス部分が多く目立つ」ようになります。



40代からの「ヘアスタイルで心がけたいこと」とは、変化と向き合い、その波を上手く乗りこなすことです。



「乾燥との長期戦への準備」






特に40代からは、髪の水分油分は低下し予想以上に「乾燥」を招きます。



年齢と共に全身の潤いは次第になくなります。



水を弾く程の潤いとバリア機能はますます低下をたどり、カラーメニューなどの薬品でのダメージは、髪も肌も強く受けるようになります。



つまり、今までのケアでは太刀打ちできなくなります。



この「乾燥」は、何十年とあなたについてきます。そのため、「今のケア」がその後を決めます。



その時々に合った「保湿法」で、長期に及ぶ戦いを展開していく事が大切です。




「熱源アイテムレス」






そして、この乾燥に合わせて心がけたい事が、「熱源アイテムレス」(なるべく使わない)です。



ヘアアイロン・コテ・ホットカーラー等の「熱源アイテム」は、この乾燥をより加速させ、コンディションを悪くします。



熱源アイテムレスが望ましいのが現実ですが、どうしても!!の場合は、常用は避け、必要最低限の使用にし、ケアをしっかり行うことが必須です。



「ヘアアイテムの選別と自分を知ること」






そして、アイテムの見直しも、必然的に迫られてきます。



今まで慣れ親しんできたお気に入りのアイテムもあなたの変化と共に、相性が次第に悪くなっていきます。



アイテム自体は何ら変わりなく在り続けるのですが、あなたの変化をカバーしきれず、パフォーマンスを確実に下げます。



アイテムの見直しでは、今の現実と現状をよく知ることからスタートです。



現実とは?
鏡の中に映るあなたをよく観ること
同世代の方と比較して視ること
昔のあなたには無い今を覧ること



といった、ヘアスタイルの「形」や「イメージ」を掴むことです。



現状とは?
今のダメージ量を診ること
今の毎日の髪への習慣を看ること
今のヘアスタイルの「ウリ」を見ること



といった、ヘアスタイルの「質」や「バランス」を考えることです。



この現実と現状から、かつての栄光アイテムから今のあなたに合うアイテムを導き出します。



ヘアアイテムは、40代からのヘアスタイルアシストにとても大きい影響を与えます。



「とりあえずアイテム」「なんとなくアイテム」「名前も覚えていないアイテム」では、何の意味も無く、また感動も無いというものです。



40代からは、欲を言えば数年おきに「アイテムの入れ替え」「アイテムの使用開始」「アイテムの使用中止」を行い、今のあなたの激しい変化についていきます。



無論、使用感、一人一人に合った独自性は、無理なく考えてアイテムを選ぶことは主とします。




「長さと質とバランス」






私は、朝5分以内で決めれないヘアスタイルは日常向きでないと思います。



40代からは、家でも外でも忙しい方が多いのが特徴です。



と言うことは、「朝の5分がとっても大事」と言うことです。「逆を言えば、その5分を惜しむようでしたら、美しくはなれません」



朝5分でスタイルを収めるには、「長さと質とバランス」がポイントです。



40代からは、ボリュームの低下・水分油分の低下など様々な髪質の低下があります。



ここを無視すると、いわゆる「イタイスタイル」に直行です。



例えば…

パサパサなのにロングヘア

無理のある明るい髪色

何十年前のスタイルのまま今もそう

髪に負担がかかる事を何度も行う、もしくは行ってしまう状況を自ら作る



これでは若々しい40代どころか、変わらない変われない、譲れない譲らないガンコなオバハンではないでしょうか?



傷んでいるなら切る、今の形を少し取り入れる広い視野を持つ努力をすることが、心がけたいポイントです。



例えば…

パサパサロングヘアなら、切ってボブ風にツヤやかにとか

無理のある明るい髪色なら、トーンを暗くして上品な質感に見せるとか

何十年前のヘアスタイルのままなら、同じ路線のジャンルで形を変えるとか

髪に負担がかかる事を何度も行う、もしくは行ってしまう状況を自ら作るなら、いっそのこと全く違う方向性を取り入れるとか




長さと「今」の髪のバランスをキチンと作ることをしていく。



ここが、40代の女性には必ず必要です。



ここが出来ている方は、いつまでも若々しいし、可愛いし、美人でステキです。



決して詭弁ではなく現実なんです。



40代からのヘアスタイルは、これらの点をしっかり考えて美しくありたいものです(^-^)





『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/  

2018年12月24日

クリスマスカラー寄りな料理をしてみました

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!



カナリ久し振りに料理をしてみました(笑)



今日は中食なんですが、サラダ代わりに…







なるべくクリスマスカラーな感じで。



なんとか間に合った^_^



『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/
  

2018年12月24日

豊田市のパン屋さん「まねきねこ」さん

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!



今回は、豊田市のパン屋さん「まねきねこ」さんにいってきました。







おそらく10数年ぶりかな?




良心的なプライスと豊富なメニューで、息子は試食ばかりしてました。








お近くの方は是非^_^



『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/  

2018年12月23日

この一年「白髪」が増えたと思う方へ

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!



毎年の様にこんなお話を伺います。



「この一年白髪が増えた!」




これ、事実だと思います。




しかしながら、この発言をされる方の年齢幅は非常に広く、若い世代では30代前半、少し年を重ねた方では40代後半。




つまり、約20年の個人差を生じることとなります!!








遺伝や髪質、生活習慣や食べ物、病気やストレスなどか複雑に絡み合い、白髪を発生させます。




また、老化の元と言われる「活性酸素」も無視できません。



近年では、アスタキサンチンという、カニや海老などの赤い甲羅に含まれる成分が活性酸素に効果的だとされ、サプリなどで手軽にでさ始められる美容法となりました。





また、南アフリカ原産の「ルイボスティー」が強力な抗酸化力を持つことも話題になってきました。




遺伝や仕事をかえることはなかなか難しいですが、食生活からなら手軽に始めやすい老化防止と言えます。





あなたもまずは、かじってみてはいかがでしょう(^-^)



『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/
  

2018年12月22日

髪のウネリと保湿再び

こんにちは!
岡崎市の美容室サローネアルティエーレ
の吉尾です!



以前も少し触れましたが、ウネリと保湿について。



現在、ヘアカラー人口は8割に迫る勢いです。白髪染めの世代が増えたため。とも言えます。



それに伴い、カラーリングから始まる乾燥により、髪にウネリが出ている方も多いものです。







大半は保湿ケアをしっかりする事で改善します。




カラーリング直後は一見綺麗に見えますが、実際はかなりデリケートになっています。




この繰り返しで、髪は次第にダメージからウネリを伴います。




そこで、保湿が大切になります。




大半の方は、キチンと行ってみえますが、半数の方はアイテムが合っていません。




合っていない中でも1番多いのが、保湿力の弱いアイテムを使用されている点です。





大体は自分が思っているよりも、乾燥は進行しています。




つまり、より重い仕上がりの保湿力が必要という事になります。




なんとなく乾燥を感じるようでしたら、次回のシャンプー・コンディショナー購入時に、よりしっとり感の強いものをお試しください(^-^)


『人を想う人でありたい』
サローネアルティエーレ
今日も万物に感謝 吉尾 建信

ホームページ↓↓
40代かを提案する美容室SaloneArtiere(サローネアルティエーレ)


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180





ホームページ2↓↓
http://saloneartiere.strikingly.com/