2018年04月14日

眉毛のやたら長く生える毛!?

こんにちは!
岡崎市の【美容室サローネアルティエーレ】
の吉尾です!



今回は、「眉毛のやたら長い毛」についてと眉毛カット



近年ナチュラルな太眉がブーム。



バブル期の再来ともいわれています。



そんな中気になるのが眉毛のお手入れです。



そして、50代以上の方にお聴きするメチャメチャ長い眉毛が1本はえるのよ~のお話。




説は様々ですが、ぴよよぉ~んとまばらに長く生える眉毛は、加齢やホルモンバランスの乱れで起こるようです。



これに気付くのが意外と難しい!!



自身のお顔は真正面か見ることが多いからです。



ということは、定期的な眉カットが求められます。



ということで、基本的な眉カット法をお話しします。









まずは、眉の毛流れを眉コームやフェイスブラシで整えます。
眉毛は眉頭から眉尻に向かい毛の向きが上から下へ変化して生えていきます。この流れや向きをきれいに整えてからスタートです。



眉の輪郭を整える。
眉毛は人それぞれ太さや形が違います。どちらか気に入っている方からスタートしていきます。まず、I字シェーバーやかみそりを使い輪郭の周りをきれいにしていきます。



次に眉毛内側や眉尻下側の明らかなムダ毛をピンセットで抜きます。



気に入っている眉毛側を行ったら反対側を行います。これにより基準を作りそこへ合わせていきます。



大切なのは、元々の輪郭は傷つけない事(特に眉尻側の上方の輪郭)です。



いらない長さをカットしていく。
眉カットの基本である事柄として、眉頭は切りすぎないように細心の注意をする。ここを切りすぎると眉と眉の感覚が開いて見え、なんだか間が抜けた様に見えてしまいます。



カットの仕方は基本的にはコームを上から下に溶かしはみ出た毛を切っていきます。このときコームはなるべく起こします。寝かせてしまうと余計な部分まで短くなってしまいます。あくまで必要のない部分を取り除きます。



これで完成です。



描き方の基本。
書き方の基本として、眉頭から眉尻に向け自然に薄くしていきます。最初からブラシで描くのは難易度が高いため、ペンシルタイプでベースを描き、細めのフェイスブラシでぼかしていくのが望ましいです。




眉毛は本来の形を活かしつついらない部分は取り除き、足りない部分を補う事が基本となります。



あなたの良さを損なわないようにしていきましょう(^_-)-☆




「人を想う人で在りたい」
吉尾 健


岡崎市日名西町1-1 ヴィオラ日名 1F

TEL 0564-64-4180






同じカテゴリー(美容室 岡崎 サローネアルティエーレ)の記事画像
収穫の時期バイ!!(熊弁)
毛量とツヤ
ヘアケアは〇〇であれ!!
ハンドブローでの重要事項!?
ヘアカラーの色抜けの原因!!
髪の長さと「潤い」

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。